返回 清潔卸妝

不機嫌極まりない顔付きのままなのは

不機嫌極まりない顔付きのままなのは、ホウゾインの態度に腸(はらわた)が煮え繰り返っている為か、それとも余程金が惜しかったのか、或いはその両方か。ナラズ者達が寄り集まって威勢を誇っているドブスキー一派。数こそ多いがその内情は、みんな仲良し和気藹藹(わきあいあい)でも無ければ、鉄の団結一枚岩でも無いのである。もっとも、人の群れとは多かれ少なかれそういうものだろう。「ちいっ、足元を見やがって。いいだろう。ハンベエをやった暁には払ってやろう。」「いいや、半分は前金で払って貰おう。」「・・・・・・。」 話は変わるが、七人掛かりとは言え、ハンベエ一人の始末に金貨三千五百枚。かつて、エルエスーデがモルフィネスに吹っかけた報酬が金貨一千枚。随分とハンベエの首も値を上げたものである。金の届いた七人衆は喜色を浮かべた。おっと、良く見ると六人しかいないようだ。しかし、浮かれた顔をしているのは五人までで、高値で話を纏めたホウゾインは一人浮かぬ顔をしてい" メイクアップは、誰もが見た目を華やかにすることができます 是的,天氣越來越涼,除了需要更換衣櫥之外 "るのである。「へへ、若造一人殺すのにこの大金か。悪くない儲けだぜ。」こう言ったのはガラクーダと呼ばれている男だ。ホウゾインより少し年下で、背も同じく少しホウゾインより低めである。と言っても、平均よりは大きめのゴツい身体付きであった。縮れた髪で頭はモサモサ、口髭顎髭顔中毛だらけで、おまけにそれが油っぽく光っている。一目見ただけでちょっと忘れられなくなりそうな強烈な容貌であった。「じゃあ、早いとこ片付けに出掛けようじゃねえか。」とそのガラクーダがニタニタと薄気味悪い笑みを浮かべて言った。「おい、ガラクーダ。まさかお前、正面からハンベエとやり合うつもりか。」大金を手にしてはしゃぎ気味に見える仲間達を覚めた目付きで見ながら、ホウゾインが言った。一人ガラクーダばかりに向けて言っている様子ではないようだ。「・・・・・・?、正面からって、俺達ゃ三途の七人衆だぜ。相手は幾ら強えったって一人だろうが。総出で掛かりゃあ、アーもスーもねえだろう。」ああん、何眠たい事言ってんだ・・・・・・とばかりにガラクーダは絡み口調になっている。それを聞き、ふう、やれやれ、此処にも馬鹿が居やがる、そう言いたげにホウゾインは額に手をやり、更にふわふわと小さく首を振り、おまけに肩を竦めて見せた。「ガラクーダ。お前、テッフネールって知ってるか?」「名前は聞いた事が有るぜ。」「どれだけ強かったか知ってるか。」「いや、噂話で知ってるだけだが。」

ホウゾインの重苦しい顔付きに、それ迄強気一辺倒に見えたガラクーダの表情が曇った。他の四人も同様であった。こうして見ると、ホウゾイン。他の七人衆から一目置かれているようである。「俺は良く知っている。どれだけ強かったかもな。全く、『冥府の水先案内人』とは良く言ったもので、あの強さは人間のものじゃあ無かった。そのテッフネールをハンベエって奴は倒してるんだ。半端な化け物じゃないぞ。」 

載入發生錯誤

回應...
 返回 清潔卸妝